敏感肌やニキビ肌の日焼け止めの選び方

公開日: 

ニキビができていなくても紫外線対策は重要です。
無防備に紫外線を浴び続けると、シミ、シワ、乾燥などの原因になります。
ニキビ肌の方はニキビができていない方よりも紫外線対策が大切になります。
ニキビができているときは肌のバリア機能が低下しています。
バリア機能には紫外線から守る働きがあるのですが、機能が低下しているニキビ肌はそうでない人よりも影響を受けやすいです。
乾燥がひどくなると過角化という角質が厚くなる現象が起こり、毛穴をふさいで毛穴内部に皮脂をつまらせてしまいます。
ニキビができているときは日焼け止めが肌に悪そうというイメージがあるかもしれません。
どんな日焼け止めがよいのでしょうか。
紫外線を防ぐ成分には、紫外線吸収剤と紫外線拡散剤があります。
紫外線吸収剤は紫外線を吸収すると肌の上で変質してダメージを与え、刺激でニキビが悪化する可能性があります。
アレルギー等の皮膚障害を起こす恐れのある成分と、旧表示成分にしていされてもいます。
紫外線拡散剤にはそのようなことはありません。
刺激を与えないように紫外線吸収剤を使っているものは避けましょう。
オイルは毛穴をつまらせたり、オイルが酸化して炎症を起こしニキビを悪化させます。
オイルが配合されているとしっとり感がでますが、ニキビができているときはオイルフリーを選びましょう。
肌への刺激をできるだけ少なくするために、負担をかける成分の使用量が少ないものを選びます。
香料・着色料はなくてもよい成分です。
これらを使っていないとよいです。
普段使いならSPFが15程度あれば十分です。
SPFが高いほど紫外線を防ぐ時間が長くなりますが、肌の負担も大きくなります。
SPFが高い日焼け止めを使ってもとれてしまっては効果を発揮しません。
SPFが低いものをこまめに塗り直した方が紫外線を防いでくれます。
PAは++くらいあると安心できます。
PAは紫外線A派を防ぐ値で、紫外線A派は肌の奥にまで届いてコラーゲンを破壊してトラブルを引き起こします。

乾燥肌に合う化粧水の選び方トップページ

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑