ニキビを悪化させる食事、ニキビを治すのに良い食事

公開日: 

ニキビの原因には食事が大きくかかわっています。
肌は食べたものでできています。
食べ物が悪いとニキビができたり肌荒れになります。
化粧品でケアしたりしっかり洗顔をすることは大切ですが、食事内容も見直してみましょう。
糖質、脂質が多い食品はニキビに悪い食べ物です。
糖質を過剰摂取すると血糖値が高くなりインスリンが大量に分泌されます。
インスリンが大量に分泌されると、皮脂分泌が活発になって毛穴つまりを起こします。
また、糖質の代謝にはビタミンB2やB6が必要です。
ビタミンB2とB6は皮脂分泌をコントロールしているのですが、糖質を摂りすぎると糖の代謝のために使われてしまって、皮脂分泌が過剰になります。
脂質の過剰摂取は皮脂腺を刺激して皮脂分泌を活発にします。
脂肪がすべて悪いのではなく、動物性食品に多く含まれる飽和脂肪酸がニキビの原因になります。
タンパク質は肌細胞を作るのに欠かせない栄養素です。
不足するとターンオーバーが乱れて乾燥肌になり、古い角質が蓄積します。
角質が毛穴の出口をふさいで毛穴内部に皮脂がたまってニキビになります。
皮脂分泌をコントロールするビタミンB2やB6、コラーゲンの生成にかかわるビタミンCなどが不足すると皮脂分泌が活発になったり、ターンオーバーが乱れて毛穴つまりを起こします。
ニキビによい食事は和食です。
和食は良質なタンパク質と脂質を含む魚、ビタミンやミネラルが豊富な海藻や野菜をたくさん食べられる食事です。
魚に含まれる油はオメガ3という美肌によいもので、肉や乳製品のようにニキビを作る原因になりにくいです。
オメガ3はサバやイワシなど青魚に多く含まれています。
魚は肌によい油だけでなく、ターンオーバーを正常にするために必要なタンパク質を摂取できます。
海藻や野菜に豊富に含まれる食物繊維は、血糖値の上昇を緩やかにしてインスリンの大量分泌を防いでくれます。
肌の生まれ変わりは28日周期なので、食事の影響がでるまでには時間がかかります。
根気よく続けることでニキビ治りできにくい状態になります。

乾燥肌に合う化粧水の選び方トップページ

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑